• 無料相談フォーム
  • 無料電話相談窓口

薄毛治療コラム|日本皮膚科学会が推奨する薄毛治療

  • Dr.GlowDr.Glow
    • 電話受付時間:10:00~19:00  ご相談は無料!、0120-12-3456
    • 24時間OK 無料相談フォームはこちら
  • MENU
  • 治療について
  • ドクターグローとは
  • 治療費について
  • 事例一覧
  • よくあるご質問
  • 無料相談

日本皮膚科学会が推奨する薄毛治療とは!? 日本皮膚科学会が推奨する薄毛治療とは!?

薄毛治療・AGAのドクターグローTOP > 薄毛治療コラム一覧 > 日本皮膚科学会が推奨する薄毛治療とは!?

日本皮膚科学会が推奨する薄毛治療とは!?

歳を重ねるにつれて増してくる頭髪の悩み。昨今、様々なコマーシャルの影響で薄毛を治療できることが認知されつつあり、比較的若い男性からも薄毛の相談が増えました。

生え際や頭頂部から薄くなり、抜け毛を見た時の、何とも言えない焦りや危機感は、経験してみないとわからないもの。

頭髪の印象は外見的な若さに大きな影響を与えますから、なんとか改善させ、いつまでも若々しくありたいと思うのではないでしょうか。

そんな悩みに応えるため、さまざまな研究や臨床試験が行われ、治療薬や育毛剤、サプリメントなどの開発は、日々進歩しています。

なかでも日本皮膚科学会が正式に推奨する2大有効成分は、男性型脱毛症(AGA)に最も効果が期待できる治療薬であると言われています。

それが「フィナステリド(プロペシア)」と「ミノキシジル」です。

発毛・育毛、薄毛治療を始めるにあたり、これらが頭皮や頭髪にもたらす作用の違いについてご紹介します。

フィナステリド(プロペシア)とミノキシジルの違い

フィナステリド(プロペシア)とミノキシジルの違い

プロペシアとミノキシジルという2つの治療薬。
AGAに対抗するという目的は同じですが、効果やアプローチは全く違います。
特徴や作用をしっかりと理解してきましょう。

 

プロペシア

有効成分としてフィナステリドが配合された、服用するタイプの育毛剤です。
AGAを発症する最大の原因とも言われる男性ホルモン、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制させます。
抜け毛や薄毛の原因に直接働きかける治療薬だと考えてください。
副作用としては、性欲の低下や勃起不全などが見られるケースがみられると治験報告がありますが、ほんの数パーセントです。

 

ミノキシジル

高血圧の治療のための血管拡張剤として開発され、臨床試験によって発毛効果が認められました。

これをAGA治療に活用しているということです。

ミノキシジルにより頭皮の血流を高め毛根に栄養を行き渡らせ、毛髪の再生を促します。
頭皮に塗布する外用薬と内服薬があり、外用タイプのほうはドラッグストアでも購入できる商品(リアップなど)があるほどメジャーな存在です。
内服薬は医師でしか処方できず、専門医院では短期間で効果を出すために、積極的に処方しております。
副作用として頭皮のかぶれや痒みを引き起こす場合があるので、デリケートなお肌の方は注意が必要です。
いずれも、厚生労働所やFDA(米国食品医薬品局)を始め、多くの国々で認可を受けている信頼性の高い治療薬です。
フィナステリド(プロペシア)で原因となるホルモンDHTを抑制し、ミノキシジルで頭皮を活性化して発毛へと導くイメージです。
さらにドクターグロー式薄毛治療法では、それぞれの治療薬が効率よく吸収され、副作用を軽減させるためにオリジナルのサプリメントをセットにしており、短期間で発毛実感していただくために研究を続けております。

PAGE TOP

MENU×

導入クリニック一覧