• 無料相談フォーム
  • 無料電話相談窓口

AGA治療で耳にするプロペシアとは?|日本皮膚科学会が推奨する薄毛治療

  • Dr.GlowDr.Glow
    • 電話受付時間:10:00~19:00  ご相談は無料!、0120-12-3456
    • 24時間OK 無料相談フォームはこちら
  • MENU
  • 治療について
  • ドクターグローとは
  • 治療費について
  • 事例一覧
  • よくあるご質問
  • 無料相談

AGA治療で耳にするプロペシアとは? AGA治療で耳にするプロペシアとは?

薄毛治療・AGAのドクターグローTOP > 薄毛治療コラム一覧 > AGA治療で耳にするプロペシアとは?

AGA治療で耳にするプロペシアとは?

AGA治療に有効な薬として有名なもののひとつにプロペシアがあります。
薄毛に悩みを抱える方であれば一度は耳にしたことがあるかも知れません。
今回はプロペシアの歴史とその効能についてご紹介します。

プロペシアの歴史について

プロペシアはアメリカ、メルク社の子会社である万有製薬会社が日本で発売を開始した薬です。

日本では2005年に厚生労働省に認可され発売が開始されました。

 

プロペシアの主成分は「フィナステリド」というもので、元々は、前立腺肥大症や前立腺癌の治療に使われていました。しかし服用した患者の副作用として発毛が見受けられたため、薄毛治療にも効果があるとして、AGA治療薬としての研究が開始され、1997年12月にアメリカ食品医薬品局(FDA)はフィナステリドをAGA治療薬として認可しました。
現在では世界60カ国以上で承認されています。

プロペシアの効果について

プロペシアの効果について

薄毛の大きな原因とされるのが男性ホルモンであることは有名だと思います。
男性ホルモンの中にある「ステトステロン」が、5αリダクターゼ(還元酵素)と結びつくことで、「ジヒドロテストステロン(DHT)」というホルモンが出来上がります。「ジヒドロテストステロン(DHT)」がホルモンバランスを乱しAGAが進行していくのです。

 

プロペシアは5αリダクターゼ(還元酵素)を阻害しAGAの原因となる「ジヒドロテストステロン(DHT)」が増加を防ぐ働きをします。
プロペシアは発毛・育毛を促す力があるのではなく、「ジヒドロテストステロン(DHT)」の影響で、狂ってしまったヘアサイクルを正常な状態に戻し、抜け毛を予防する治療薬なのです。ヘアサイクルが改善されると、髪の毛が太く成長し、抜けにくくなります。
ですので、新陳代謝が活発な若い世代の薄毛、いわゆる「若はげ」に効果的と言われています。

 

プロペシアの副作用と注意点について

PAGE TOP

MENU×

導入クリニック一覧